アムウェイはマルチ商法※1 なのですか?

アムウェイからの回答    - Answer -

いわゆる「マルチ商法」は俗称のため定義付けされていませんが、一般に日本では「リクルート(勧誘)さえすれば収入が上がる」など過度な期待を抱かせるような説明が行われたり、粗悪な製品を販売するなどのトラブルを起こした場合、「悪質マルチ商法」とマスコミなどで報じられています。


このように、「マルチ商法」が違法なビジネスや悪質商法を指している場合は、アムウェイとは全く異なるビジネスです。

アムウェイは健康食品や化粧品、日用品などを開発・製造する、アメリカで55年以上、日本でも35年以上続いているブランドです。アムウェイ・ビジネスでは、家族や友人などとの信頼関係の中で製品やビジネスを紹介して、製品の愛用者のネットワークをつくります。万一購入した製品にご不満があれば、100%現金返済保証制度で返品することができ、アムウェイ会員資格の解約もいつでもできます。
 
アムウェイのビジネスに関してご不明な点や疑問がある方は、是非アムウェイ相談室にご相談ください。


※1「マルチ商法」については法令上の定義はありませんが、アムウェイ・ビジネスのような「特定商取引に関する法律※2」で規定されている「連鎖販売取引」に該当するビジネスや、連鎖販売取引に類似した形態で不適切な勧誘などを行う不公正な取引を総称して「マルチ商法」という使われ方が多くされています。
アムウェイは、不正な勧誘行為などは一切許さず、法令に抵触することがないように独自のルールである「アムウェイ倫理綱領・行動規準」を運用し、消費者トラブルのないビジネスを目指しています。
※2「特定商取引に関する法律」は、以下の取引形態が公正に行われることにより、消費者の利益が保護され、トラブルが未然に防止されて、円滑に商品の流通およびサービスの提供がされることを目的としています。事業者が守るべき規則と、消費者を守るためのクーリング・オフなどの制度が定められています。
対象取引形態
1. 訪問販売                            2. 通信販売                        3. 電話勧誘販売            
4. 連鎖販売取引                    5. 特定継続的役務提供         6. 業務提供誘引販売取引             
7. 訪問購入

特定商取引法では、「連鎖販売業」を次のように規定しています。
1. 物品の販売(またはサービスの提供など)の事業であって
2. 商品の再販売、受託販売もしくは販売のあっせんをする者を
3. 特定利益が得られると誘引し
4. 特定負担を伴う取引をするもの
アムウェイの場合、「特定利益」は販売実績に応じて得られる収入に、「特定負担」は年会費などに該当します。

 

 

【関連した質問】

Q. アムウェイについてよく知らないので、何か被害などに遭わないか不安です。

アムウェイに関して他にお悩み・お困り事はございませんか?

最近よく見られている質問

マルチ商法に関する質問、ご相談はございませんか?アムウェイ(Amway)相談室では、企業、ビジネス、製品、評判などに関するご質問を随時紹介しています。また、メール、お電話でのご相談も受けつけていますので、ご不満、お困りの方は各ページのお問い合わせボタンからご連絡ください。

アムウェイ相談室アムウェイはマルチ商法※1 なのですか?