アムウェイ本社の社長はどんな人ですか?

アムウェイからの回答    - Answer -

アムウェイの本社はアメリカにあります。アメリカ本社であるアムウェイ・コーポレーションの社長は、名前をダグ・デヴォスといいます。2002年から社長を務めるダグ・デヴォスは、会長スティーブ・ヴァンアンデルとともにアメリカのアムウェイの日常業務を統括しています。また、日本アムウェイの会長でもあります。

 

ダグ・デヴォスは、アムウェイの創業立者、リッチ・デヴォスの末息子。会長のスティーブ・ヴァンアンデルも、リッチとともにアムウェイを創業したジェイ・ヴァンアンデルの息子です。さらに、1993年から2002年まで社長を務めたディック・デヴォスはダグの兄でもあります。

 

創業者であるリッチとジェイは、1959年、ミシガン州エイダでアムウェイを創業しました。2人は14歳と16歳のとき、経済的理由から通学時に車を相乗りすることになり、それがきっかけに友情を築き、アムウェイを創業しても変わらぬパートナーシップを持ち続けました。さらには、2人の息子もまたアムウェイの共同経営者という世界的にも珍しい経営形態を継続。これは、アムウェイを創立した2人がお互いを裏切ることなく、尊重し合い、固い友情のもとに関係を結んできたからにほかなりません。アムウェイが現在、世界100以上の国と地域で展開され、約118億米ドルの売上高を上げるまでに成長しているのも、創業者2人とそれを受け継いだ2人の息子のパートナーシップがあったからと言えます。

 

社長のダグ・デヴォスは、1986年にアムウェイに入社。ヨーロッパ、南北アメリカ、アジアの各地でさまざまな役職を歴任してきました。社長になった現在は、フィラデルフィアにある米国憲法センターで執行委員長 [DeVos chairs the Executive Committee] を務めています。ほかにも、訪問販売協会世界連盟、ビジネスリーダーズ・フォー・ミシガン、ミシガン州西部政策フォーラム、ジェラルド・R・フォード財団、グランドラピッズ経済クラブ、キーストーン・コミュニティ教会、ミシガン州西部の経済開発組織ザ・ライト・プレイスなど多数の業界団体・民間団体に関与しています。

 

また、現アメリカアムウェイ社長のダグ・デヴォスと元アムウェイ社長のディック・デヴォスの兄弟は、全米ダイレクトセリング協会(DSA)により、ダイレクトセリング殿堂入り(DSA Hall of Fame)の栄誉を与えられています。共同創業者のリッチ・デヴォスと故ジェイ・ヴァンデルもそれぞれDSA殿堂入りを果たしています。アムウェイの創業者・社長はいずれもダイレクトセリング業界全体のすぐれたリーダーであることが認められているのです。

 

日本アムウェイ合同会社の社長職は2015年9月よりピーター・ストライダムが就任となっております。

 

日本アムウェイならびにアメリカ本社について詳しく知りたい方はこちらを参照ください。

 

 

※全米ダイレクトセリング協会(DSA:Direct Selling Association)DSAは商品・サービスを製造し、消費者に直接販売する一流企業からなる全米規模の業界団体です。DSAには正会員・仮会員合わせて250以上の企業が加盟し、パーティープラン方式と、伝統的な対面販売方式の両方の企業があります。2010年の統計では米国のダイレクトセリング売上高は約290億ドル、全米の従事者数は1,580万人以上でした。その大多数は自営業者(ミクロ起業家)であり、その目的は自発的に選んだ会社の製品/サービスを販売しようとすることです。またダイレクトセリング従事者の約90パーセントは、パートタイムの仕事としてビジネスを運営しています。ダイレクトセリング全般、DSA、DSAの倫理行動基準(Code of Ethics)について詳しい情報は、DSAのウェブサイト(www.dsa.org)をご覧ください。

アムウェイに関して他にお悩み・お困り事はございませんか?

最近よく見られている質問

アムウェイの社長に関する質問、ご相談はございませんか?アムウェイ(Amway)相談室では、企業、ビジネス、製品、評判などに関するご質問を随時紹介しています。また、メール、お電話でのご相談も受けつけていますので、ご不満、お困りの方は各ページのお問い合わせボタンからご連絡ください。

アムウェイ相談室アムウェイ本社の社長はどんな人ですか?